1. HOME
  2. ブログ
  3. 【釜めし】ブログ
  4. 遠藤水産札幌店に行きました。

遠藤水産札幌店に行きました。

今年9月初旬に留萌市&増毛町に視察に行った際、
増毛港で揚がるエビの品質がいいと聞き、遠藤水産に行って購入する。
*ブログ「北海道留萌港で獲れている魚介類の状況を見に行きました」参照
買ったエビを試食すると
透明感あふれる甘さにとろける食感でした。
早速仕入れようと、交渉すること数回。
大筋で合意。
そして最後の交渉へ。

港町市場札幌店に訪問。
札幌近郊にある業者の窓口はここ。

一般消費者向けに小売販売をしています。

写真:エビの水槽
本日の主役です。

越前尚美店長が対応してくれます。
札幌店と新千歳空港店を兼ねる店長です。

茅野料理長(DAIGO桜邸)写真手前と村本社長が網の中を凝視する。

今朝獲れたエビを拝見。羽幌沖で獲れたそうです。

写真左:ボタン海老 右:甘エビ。
鮮度抜群です。

大きさを確認、仕分け。

色、艶を確認。

味、食感も確認しました。

エビの成育状況、漁場情報、水揚げ量などを聞く。

越前店長は片手に電卓を持っています。
最後の一番シビアな交渉です。

無事にエビの交渉が纏まると、今度はタコを勧めてきました。

食べると本当に美味しいのですが、
当店にはタコを使った釜めしはありません。
一品料理にもタコを使う料理はないので美味しくても使い道がありません。

写真:活タコ
使用するとしたら宴会料理や法要料理に使うぐらいしかないのですが、
村本社長は一品料理としてタコの唐揚げを創作するかもしれません。

増毛町の漁場を映す店内モニターにも
タコの動画ばかりを流す力の入れようです。

他の商品の品揃えと価格もチェック。

お店で使いたい食財もたくさんあります。

いろいろ質問します。

コスパを考えます。

お酒の肴にちょうど良さそうな食品の数々。

何点か試食することにしました。

増毛、留萌、羽幌沖近海で朝水揚げされた「甘エビ」と「ボタンエビ」を
そのまま直送でいちえの厨房まで運んでもらうことになりました。
現在「甘エビ」と「ボタンエビ」を使っている料理は、
10月25日(水)から増毛産に切り替わります。
通年を通して一定量、仕入れることが出来ましたので、
いつ当店にお越しになっても、新鮮なエビをご用意しています。
是非エビ料理もご賞味ください。
お待ちしております。

関連記事